趣味

February 14, 2011

OTAKU History

このブログもとうとう、facebookと連動し始めました。小学生の頃からBCLとか無線とか大好物なヲタク小僧でしたが、やがて中学に入ると、当時の誰もがそうしたように、深夜放送にはまり込んだものです。

最初は聴いているだけでしたが、そのうち、リクエスト葉書を書いたりして、それが読まれたりしたときの興奮といったら、、、(笑)

思えば、なんだか分からない世の中に向かって情報を発信した、私にとっての事始めでしたが、当時の私は情報発信の意識すらありませんでした。

やがて、誰もが通る道、楽器への興味であります。 フォークギターはもちろんのこと、私の場合は、いま思えば不思議なのですが、ベースギターにものすごい興味をもったのでした。そのきっかけは、スージークアトロという女性ロッカーです。小柄ですが、ワイルドにシャウトするボーカルもさることながら、彼女が弾くSGシェイプのベースギターのカッコ良さといったら、そりゃもう・・・。

とはいえ、何をやっても中途半端な私は、中学、高校と進んでも、バンドを組むなどというような積極的なことはせず、レコードをたくさん買い揃えるような、潤沢なお小遣いもなかったので、もっぱら、FMのエアチェックで音楽を聴きまくってました。とはいえ、そこは倉敷の片田舎、、民放FMが全然なくって、POPやROCKに飢えておりました。

そんな私が、大学に入って、友人に誘われるがまま始めたのが、Bluegrassバンドのベース。これまた面白いご縁であります。そりゃもう、血が出るまで練習いたしました。(笑)

定期演奏会やライブハウスの演奏、それに毎年夏におこなわれるフェスティバルや各大学の学園祭出演、、なんだか勘違いしそうなくらい、音楽に関わりました。それが高じて、大学を卒業してからも、同僚や若者を巻き込み、こんどはロックバンドを作ったりして、音楽の興味はつきません。

そうこうするうちに、もうひとつの興味の対象として、ワープロ・パソコン通信の世界にものめりこむようになったのであります。このブログもNIFTY関連ですが、当時はニフティサーブというパソコン通信サービスに加入しました。これが、のちのInternetへの関わりの布石となるわけですけど、当時はそんな意識は皆無でありました。それから20年あまりが経ち、いまソーシャルネットワークとよばれるものが、国の行く末に関わるほどの影響力をもつようになったわけで、ここから先の興味もつきません。

音楽とネットワーク、この二つを柱として私のヲタクスピリッツもますます刺激され、いろいろな化学反応を起こすことは間違いないと思います。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 12, 2010

ハイ? or ロー?

気分のことではありません。
ウクレレ弾きなら、
この選択をどーしよーって
悩む瞬間は何度かあるかも。

ウクレレの第4弦って、Gの音
ソの音なんですけど、
もともとは高いほうのソ、が
正当チューニング。、。

しかし、いつからか、
これを一オクターブさげた
ローGってチューニングが
流行り出したんです。

ギターとかやってる人なら、
実はこの後者のほうが
なじみ深くて、いいんです。

正当チューニングだと
そーやね、、5弦バンジョー
みたいな感じかな、、、
なんやら、ちょっと
マニアックすぎますな。。

ともかく、
正当チューニングの場合は
おのずとウクレレのがカバーできる
音域が狭くなってしまいます。
2オクターブちょいやから、、
これで
怒涛のメロディーを生み出す
ジェイクさんは、まさに
ストイックスーパープレイヤー
であります。

普通なら、
音域の広いチューニングを
使いたいところです。
むしろ、そうしてます、、わたしは。。

だから、全然、ストイックじゃない、、、
(笑)

でも悩みどころなんよね。。
ジェイクさんみたいに、
限られた音域のなかで
いいメロディーを生み出したい
衝動にはかられるんですけど、
これまでつかえていた
低音域を簡単に捨て去るのは
けっこう勇気がいるんです。。

ま、つくづく深い楽器だと
思います。
今度やってくる
新人テナーウクレレを
ローG仕様にするか、
ハイGにするか、、
もうしばらく、
悩んでみようと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)